体内で何が起きている?

body hot

望まない妊娠の可能性があるときに、重宝されるアフターピル(緊急避妊薬)。
薬で意図的に妊娠させなくなるなんて、体の中ではとても大きなことが起こっていそうで、少し怖いような感覚を覚える方もいるかもしれません。
そんな方のためにも、アフターピルを服用してから体の中で何が起こっているのか、そのメカニズムをまとめてみましょう。

アフターピルにより体内に入る成分は、通常女性の体の中にある、エストロゲンとプロゲステロンという女性ホルモンです。
化学的、薬物的な成分が入るというわけではないのです。
しかし、周期的に増減する女性ホルモンの量とは異なる、多量の女性ホルモンが突然体内に入ってくるわけですから、変化がもたらされるのは当然のことです。

体の生理周期のタイミングによってもたらされる影響は変わって来ますが、
排卵の抑制する、受精を妨げる、子宮内膜に受精卵の着床を阻止する、など妊娠しない状態へと体の中を変化させます。
妊娠とは、受精卵が子宮内膜へと着床することですから、着床までの過程を、女性ホルモンの増量によって妨害するということです。

また、アフターピルは早めの服用が重要と言われますがそれはどうしてなのでしょう?
受精卵が子宮内膜に着床しないようにすればよいのであれば、性交のタイミングにもよるでしょうが、それほどまでに緊急性がない様にも思えます。
しかし、体の中は見えませんよね。たとえ定期的に生理がきている人であっても、実際の排卵のタイミングや、精子が卵子と結びつくタイミングが分かるわけではありません。
そう考えれば、排卵しないように、受精をしないように、着床しないようにとできるだけ早い段階で、体内に影響を与えられたほうが妊娠の可能性はその分だけ下がルのですから、ぜひともそうしたいですよね。

目安とされているのは、24時間以内と72時間以内です。
72時間以内に服用しなければ効果が得られない、24時間以内に服用すれば、更なる効果を期待できるというものです。
24時間以内に服用したとしても、100%避妊できるものではないとは言え、少しでも妊娠の可能性を下げたいと思いますよね。